blog

第4回、認定講座の申し込みがスタートしました!

IMG_8015

IMG_8020

IMG_9834-1

発達障害コミュニケーション初級指導者認定講習、4クール目の募集がスタートいたしました!
日程は下記の通りです。

第1回「発達障害の特性」2017/11/17
第2回「基本的な配慮」12/15
第3回「障害特性に対する関わり方」2018/1/19
第4回「基本的な法制度」2/16
第5回「発達障害児者への医療」3/16

過去、認定講座を受けた方のアンケートです。

「今まで発達障害という言葉に無関心でしたが、障害という意識を持たずに一般の人たちと同じように接することが大切だと思いました。また本人だけではなく、母親や周りの家族、支援者を元気にしていくことも大切なことだと思いました」(教育関係者)

「具体的な事例で段階的な手法と成功事例の紹介があり、分かりやすかった。障害を抱えている子どもに対し、対応策は一つでないということを改めて感じることができ、やってみてダメなら変えてみるという姿勢の大切さを感じた」(支援者)

「発達障害の子どもを持つ親として、特に成人後の就労等に不安を感じていましたが、法制度によってかなり支援が受けられると分かり、少しホッとしました」(ご家族)

申し込みはこちらから!
定員になり次第、受付終了いたします。
http://hitotoco.or.jp/consultation/course

発達障害コミュニケーション初級指導者認定講習5回目が開催されました!

IMG_9824-1
9月15日、発達障害コミュニケーション指導者認定(初級)の5回目が開催されました。

5回目となる今回は、「発達障害児への医療」を中心に、講習を行いました。
薬物療法の目的や導入について、薬剤の特徴と使用方法、
副作用について等、学ぶ機会となりました。
ただ資格や知識を得るだけでなく、人と人とのつながりを継続、発展を感じる講習となりました!

11月から認定講習4クール目がスタートいたします。
15名限定!今回参加できなかった方もぜひご参加ください。
詳細・申し込みはこちらから!
http://hitotoco.or.jp/consultation/course

発達障害コミュニケーション初級指導者認定講習4回目が開催されました!

IMG_9031

8月18日、発達障害コミュニケーション指導者認定(初級)の4回目が開催されました。

4回目となる今回は、「基本的な法と制度」がテーマでした。
難しいテーマですが、様々な価値観を学ぶ時間となりました。
最終回となる次回は9月15日(金)19:00〜21:30(18:30受付)、テーマは「発達障害児への医療」です。
講師は地域の家ココカラハウスの竹田美保子さんです。
世代をつなぐ地域の居場所を拠点に様々な活動を行っています!
https://m.facebook.com/cocokarahouse/

11月から認定講習4クール目がスタートいたします。
15名限定!今回参加できなかった方もぜひご参加ください。
詳細・申し込みはこちらから!
http://hitotoco.or.jp/consultation/course

平成29年度ひきこもり支援知恵出しネットワーク会議が開催されました!

IMG_2982-1

7月27日、平成29年度ひきこもり支援知恵出しネットワーク会議が大川合同庁舎で開催されました。
昨年から引き続き、講師として参加させていただいております。
全体では今回で3回目。変わらず呼んでくださる東讃保健所の皆様には頭がさがる思いです。

こうした場では参加者の皆さん、ひきこもりと不登校を別々の課題で考えられることの方が多いです。
しかし今回は不登校の話も多く出てきていたのが印象的でした。
「ひきこもり」と「不登校」、それぞれ単独の視点ではなく、連続性も含めた話まで展開していたのが、これまでネットワーク会議を継続して行ってきている蓄積の結果だと感じています。
この場で全てを解決することはできませんが、実利的なネットワークがあるからこそ解決できる・相談できる課題は多いです。繰り返さないために、情報の蓄積はとても重要です。

次回開催は2月を予定しているそうです。
東讃地域以外の皆様のご参加もお待ちしております!

発達障害コミュニケーション初級指導者認定講習3回目が開催されました!

IMG_8927

7月22日、3回目となる発達障害コミュニケーション初級指導者認定講習が開催されました。
今回は、障害特性に対する関わり方について学ぶ時間となりました。

障害特性の中には、暗黙の了解といった「見えないもの」が想像できないといった想像力と感覚の特性や、ひとつのことに集中し難い、物事の順序や見通しが立て難いといった刺激の制御の特性があります。

コミュニケーションがなぜか上手くとれない、上手く伝わらない、と感じることはありませんか?会話をひとつとっても、分かりやすい表現と分かり難い表現があります。

・言い回しを揃える。
・本人が馴染んでいる言葉を使って表現する。
・複雑な表現は避ける。
・理解しやすい順番で話す

といった工夫をするだけでもコミュニケーションが大幅に改善されます。
まずその人その人の特性を観察、理解し、工夫していくことがとても重要です。

一宮・香東・香南地区PTAブロック研修会

19399299_1179169385522181_623041548256676062_n-1 19260485_1179171248855328_64872525240041194_n-1

6月23日、一宮・香東・香南地区PTAブロック研修会に参加させていただきました!
「不登校・ひきこもり経験の活用〜地域で子ども、若者を育てるために〜」というテーマでお話させていただきました。

一宮、香東、香南地区3ブロックでのPTA総会ということもあり、100名以上の方々に聞いていただけました。今や多くの人たちの身の回りに不登校やひきこもっている人たちがいます。まだ出会ったことがないという方は、数名ですがおられました。

ひきこもり支援という特別な観点ではなく、地域で子どもや若者に多く起きている課題に向き合い、今の時代に合わせてどう人を育てるべきか?も考えなくてはいけません。
短い時間でしたが、講演後も色んなご感想をいただきとても嬉しかったです。
ありがとうござました!

発達障害コミュニケーション初級指導者認定講習2回目が開催されました!

IMG_8015

IMG_8020

6月16日、2回目となる発達障害コミュニケーション初級指導者認定講習が開催されました。
今回は、基本的な配慮と問題行動への対応について学ぶ時間となりました。
「問題行動」とは、行動そのもののこと。
「行動問題」とは、行動にいたった経緯のこと。

例えば、欲しいおもちゃが手に入らないと噛み付こうとする。
例えば、独り言を言いながら歩く。
例えば、先生が話をしているのにウロウロ歩いている。

振り返ってみると、私たちはその場の問題行動をしのぐことで必死なように思います。
問題行動と判断する前に、一度考えてみて欲しいのです。

それは、状態が問題なのか?
それは、行動が問題なのか?
それは、環境が問題なのか?
それは、性別が問題なのか?
それは、誰にとって問題なのか?

何が理由でその行動をしているのか?改めて考えてみないといけません。
行動を観察して具体化し、イメージできるように記録することも必要かもしれません。
気になる行動は、決して「問題」ではないということが多いです。

発達障害コミュニケーション初級指導者認定講習が開講しました!

IMG_7246

hito.tocoでは、発達障害に関する専門的な知識の習得と関わりの基本を学ぶことを目指した認定講習を5月から開講しています。
昨年から開催し、今回で3クール目。5回受講で資格認定されます。

発達障害という言葉。特によく耳にすることが多くなりました。
最近では、NHKで「発達障害〜解明される未知の世界〜」いう番組が放送されて、とても大きな反響を生んだそうです。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170521



〜HP紹介文抜粋〜
「小中学生の15人に1人と言われる「発達障害」。これまで、主に社会性やコミュニケーションに問題がある障害として知られてきたが、最新の脳科学研究や当事者への聞き取りにより、生まれつき、独特の「世界の見え方・聞こえ方」をしているケースが多いことがわかってきた。多くの人にとっては何でもない日常空間が、耐えられないほどまぶしく見えたり、小さな物音が大音量に聞こえてパニックになったり。その独特の感覚・認知が、実は、社会不適応につながる原因のひとつになっていたのだ。
この世界を解き明かし、周囲が理解することで、発達障害の当事者の生きづらさは軽減。さらに「新たな能力」を引き出すことにもつながると、世界の教育・ビジネスの現場が注目している。
身体障害と違い、「見えにくい障害」と言われる発達障害。番組では、当事者の感覚・認知の世界を映像化。これまで誰にも言えなかった、わかってもらえなかった当事者の思いを生放送で発信する。周囲から「空気が読めない、つきあいづらい人」などと誤解されてきた行動の裏にある「本当の理由」を知ったとき、あなたの常識が大きく変わる。」

これまでの講習には、ご家族はもちろん保育士、看護師や教師、ケアマネジャーなど、多種多様な方々が参加してくださっています。多方面で関心が高いことがわかります。
5月は「発達障害の特性」をテーマに講習が行われました。当事者や経験者の方の声を直接聞くことはなかなか少ないと思います。

なぜこの子は寝ないのか?
なぜこの子はこんなにも言うことを聞かないのか?
なぜこの子は他の子のように学習が進まないのか?

そういった沢山のなぜ??と向き合う時間になりました。
学校の1クラスに2〜3人はいると言われる発達障害。周りのサポートや理解、選択肢によって大きく状況は激変します。
ひきこもりや不登校も、本人要因はとても僅かなことが多いです。

RSKイブニング5時出演!

18698689_462523350763520_283075313_o

18675134_1536407436430725_487424503_o
hito.tocoも協力させていただいている、6/4開催の第2回こうなんわっしょい。
RSKイブニング5時で宣伝させていただきました!ありがとうございました!!

第2回こうなんわっしょい

こうなんわっしょい-ちらし-A4
昨年好評を得た地域密着型イベントこうなんわっしょいが
2017年6月4日、パワーアップして再び!!
食と健康、街がつながるこうなんフェス開催です!!
hito.tocoも協力させていただいております!

◎2会場→7会場同時開催!!
▷いわき病院、香南中学校体育館、香南体育館、香南アグリーム、クローバーハウスこがも、高松市社会福祉協議会香南支所、和が舎こうなん

◎テーマは「食」「健康」「楽」「ぱす」
▷「食」Food
◎あの伝説の婦人会ドーナッツを口にせよ!
◎うどんも!そばも!イノシシ汁も!串焼きも!!
◎とうとうキターーー!ここでしか食べられない!?香南町初B級グルメを大発表ーーー!

▷「無料健康チェック」Health
◎血圧!体組成計!骨密度あなたの血管年齢は!?
◎パリアティブエステとは!?
◎姿勢、歩行チェック!姿勢意識してますか!?
◎薬!?歯!?マタニティ!?専門家に相談できちゃう!

▷「楽」Events
◎カマタマーレ讃岐とフットサル対決!
◎迷彩服に着替えて自衛隊の特殊車両と撮影会!
◎地域の人が出演!?認知症劇!
◎ファッションショー…等など盛りだくさん!

▷「パス」Pass
香南町のいろんなお店が一年間お得に使える「こうなんパス」!
だれでもその場で作れちゃう!
すでに持っている人は持ってきてね!
※香南楽湯入浴料100円OFF!(6/4当日限り有効)

◎開催コンセプト
▷交流が広がる!!
▷香南町をもっともっと好きになる!!
▷介護や福祉をもっと身近に感じる!!

◎概要
▷日程 6/4(日) ※雨天決行
▷時間 10:00〜16:00
▷参加費 無料
▷会場 いわき病院、香南中学校体育館、香南体育館、香南アグリーム、クローバーハウスこがも、高松市社会福祉協議会香南支所、和が舎こうなん、7会場同時開催‼︎
※詳しくは、当日配る冊子をご覧ください

■特設駐車場 いわき病院、月見が原公園駐車場、及びその周辺にて設置
※お車でお越しの方は、特設駐車場をご利用ください
※混在緩和のため、近隣の方は徒歩にてお越しください

◎主催
▷こうなんわっしょい実行委員会2017
◎共催
▷(株)あい介護サービス、(医)以和貴会いわき病院、香南アグリーム、志学塾、しんしん企畫(株)、(福)こがも福祉会、(福)高松市社会福祉協議会香南支所
◎協力
▷香南地区民生委員児童委員協議会、香南地区保健委員会、香南地区老人クラブ連合会、香南こども会、池西婦人会、由佐婦人会、香南歴史民俗郷土館、さぬきこどもの国、(有)生島興業、河田農園、(株)グッドクリエイト、香南地区社会福祉協議会、香南楽湯、(株)三渓設備、炭火焼肉「道」、セブンイレブン高松香南町横井店、月見ヶ丘歯科クリニック、(株)デコ・ラボ、中野建設興業(株)、(一社)日本福祉ビューティー協会、ぬくぬくママSUN’S、(一社)hito.toco、(株)ファーストスマイル、森のジェラテリアMUCCA、(株)裕鋼業

◎お問い合わせ
▷こうなんわっしょい実行委員会
▷TEL(087)813-8010