「社会とつなぐ結び目になる」

hito.tocoとは、ひきこもり、不登校、無業就業者等、表面化している課題や、
潜在化している生きづらさと向き合い、活躍支援に取り組む団体です。

課題の本質を探り、必要に応じて、人、専門家、居場所、仕事、企業、
学校、行政等、様々な社会とつなぐ結び目になる活動を目指します。

hito.tocoの仕事

ひきこもり等相談支援事業
hito.tocoでは、経験者・専門家による電話相談、来所相談の他、 アウトリーチによる家庭訪問等を行います。
当事者の心の発達段階に合わせた社会参加と、ステップアップの仕組みをつくります。
> ご相談・お問い合わせについて
> 新しい学び場gig(ジグ)について

教育事業
生きづらさを抱えるご本人のみならず、ご家族、支援者、企業に向けた教育事業も行います。
発達障害への専門的な知識・理解を深める研修を行うとともに、
ひきこもり支援に関する基本的な知識の習得を行い、 理解者と支援者の増加を目指します。
また「経験」で人を育てる当事者向けインターンシップ受入れも行っています。
> 発達障害コミュニケーション指導者認定について

コミュニティ事業
35歳以下に限定したコミュニティ事業です。多種多様な状況の人たちが
実利に伴ったゆるやかなつながりの輪を広げることを目的に1ヶ月に1回、四国4県で開催しています。
> コミュニティ事業について

講師活動
当事者・経験者が講師となり、多様な社会課題に応じた啓発活動を行います。
講演会講師の他、 対話の場、勉強会、研修会等、
ニーズを掘り起こしと理解を深める活動を行います。
> 講師プロフィール・講師依頼について
> メディア掲載情報について

企業連携
hito.tocoでは様々な企業と連携・協働し、事業を行っています。
それぞれの強みを活かし、新たなサービスを創出していきます。
ファイブスター学習塾 http://www.fiveeeee.com

代表者プロフィール

IMG_4338-2

一般社団法人hito.toco
代表理事 宮武 将大(みやたけ しょうた)

12歳の小学6年生の時に不登校になり、そのまま20歳までひきこもり生活を送る。
28歳で就職し、働く傍らひきこもりの当事者や経験者と自助グループ等を立ち上げる。2016年に法人化し、一般社団法人hito.tocoを設立。
香川県を拠点としてアウトリーチによるひきこもり等相談支援や研修会の開催、講師活動等を行っている。ひきこもり支援のほか、
学習塾とも提携し不登校を中心とした学習支援を行い、多種多様な若者を対象としたコミュニティづくりを四国4県で行うなど、
活動は多岐にわたる。不登校、ひきこもり経験を活かし、その人自身が持っている本来の力を信じて社会とつなぐ活動を目指す。
親と子ども、子どもと先生等、「価値観」のせめぎ合いの中で日々支援活動に奔走している。

事務所アクセス